オランゲ日和+
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE
オランゲ+
  • オランゲ+
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
アイデンティティと嘘
愛想笑いの僕は暗い性格で、欺くことが癖になった彼女の理想
そんでなに?遊んでない?
誰もいない隅に咲く花のように

忘れられた存在で誰にも覚えられなくて
腐った人間になって僕は今日も欺いているんです

最低。最低さ。

傷のなめあいをしようぜ、さあ躊躇いもせず
背中から聞こえてくる声にただ怯えているだけ

【映像】ええそうかい。
座ったその場所で見えた少年の感覚に迷いを

夢の中で感じる風景、踏まれて息絶えて息絶えるの虫の
哀れな人生のようで僕は今日も怯えてるんです

ねえ。遠いね。ふざけんじゃねえ。
言葉が見つからないよ ねえ

忘れられた存在で誰にも覚えられなくて
腐った人間になって僕は今日も欺いてるんです
夢の中で感じる風景、踏まれて息絶えて息絶えるの虫の
哀れな人生のようで僕は今日も怯えてるんです

消えていい?
スポンサーサイト
【2016/10/28 10:39】 音楽 | COMMENT(0)
このページの先頭へ
ELLEGARDEN - Red Hot
出てく前に起こしてね
今日は面接があるんだ
仕事決めてくるからさ
電車賃を忘れずに置いてってくれ

まともな人間になろうとしてるんだ
でもいつも失敗に終わって僕はまだクズのままだ
フラッグレースには勝ちたいんだけど
いつも僕より早い奴がいる

もうちょっと真剣に生きようとしているんだけど
僕の頭の中は女の子のことで一杯だ
僕をビタミン漬けにするんだ
ポテトチップス取ってくれよ

知ってるかい 何もかも上手く行かないとき
こいつはまるで魔法みたいなんだ

僕の頭の中ではデカい音で音楽が鳴ってる
辛くて真っ赤なチリがぶっ飛ばしてくれるんだ
僕の頭の中ではデカい音で音楽が鳴ってる
ウインカーはひっこめようぜ 僕らは直進するんだ

一日に20回は落ち込むね
たぶん君と同じか君よりマシなくらい
そして一日に100万回は浮上する

もうちょっと注意深く生きようとしてるんだけど
僕の頭の中は楽しむことで一杯だ
ニコチンが体に悪いってのは知ってるけどさ
タバコをやめたら今すぐ死んじゃうよ

いつも通りさ 物事は良くならない
いつも通りさ 誰も理解してはくれない
いつも通りさ 僕はなんだってするよ
いつも通りさ それで君が笑うんだったらね

僕の頭の中ではデカい音で音楽が鳴ってる
辛くて真っ赤なチリがぶっ飛ばしてくれるんだ
僕の頭の中ではデカい音で音楽が鳴ってる
ウインカーはひっこめようぜ 僕らは直進するんだ


【2015/10/14 09:04】 音楽 | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Ben Folds Five - Brick
クリスマス明けの朝6時
まだ暗いなか,急いで身支度をした
外に出ると,冷たい空気が流れ込んできて
鼻の奥が痛くなる
車の座席は冷え切ってた
世の中の人はまだ夢を見ている頃なのに
自分は何も考えられず
ただぼんやりとそこにいた

階段を上がって向こうの家に着くと
彼女はソファの上で,体を丸めて待っていた
向こうの親はシャーロットの街まで出かけて
留守だったから
誰にもとがめられずに家を出た
そして目的地へ車を走らせた
『やってくれるところ』が見つかったんだ
ほっとするかと思ったのに
今まで覚えがないくらい
どうしようもなく心が冷えたよ

彼女はまるでレンガの重石だ
この足にしっかり繋がれてる
今いるところは岸から遠くて
どこへも泳いで逃げられない
だから重石を足に付けたまま
こうやってだんだん溺れていくんだ

7時半になってようやく順番が来た
やることもなくて,ただ駐車場をうろついた後
歩いて花を買いに出かけた
昨日もらったクリスマスプレゼントを売って
お金をつくった
わかるだろ?
こんなのイヤだったんだよ
確かに決めたのは向こうだったけど
彼女も今まで覚えがないくらい
やりきれない気持ちになってた

彼女はまるでレンガの重石だ
この足にしっかり繋がれてる
今いるところは岸から遠くて
どこへも泳いで逃げられない
だから重石を足に付けたまま
こうやってだんだん溺れていくんだ

それから数週間が過ぎたけど
彼女の体調はなかなか戻らなかった
遂にむこうの親に呼ばれて
「そろそろ本当のことを言ってくれ」って迫られた
2人とも隠し切れなかった
もういい加減ウソをつくのがイヤになってたから

彼女の家へ向かう車のなかで
2人きりになった時
気づいてしまったんだ
向こうも
自分も
お互い気持ちが離れてしまったことに

彼女はまるでレンガの重石だ
この足にしっかり繋がれてる
今いるところは岸から遠くて
どこへも泳いで逃げられない
だから重石を足に付けたまま
こうやってだんだん溺れていくんだ


【2015/06/19 12:43】 ヒトリゴト | COMMENT(0)
このページの先頭へ
フェイスブック
7NB4RIx.jpg

たまにみてイイネを連打する仕事
【2015/04/18 23:15】 ヒトリゴト | COMMENT(1)
このページの先頭へ
カンチャンワールド
570b965f.jpg

世界一だぜ!生涯安定!
【2015/04/11 13:26】 ヒトリゴト | COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP | 次のページ>>
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。